骨盤矯正の目的

芸能人の産後の骨盤矯正

芸能ニュースで女優さんが出産のニュース、間もなく、その女優さんが職場復帰のニュース。

 

産後の復帰会見では、出産前となんら変わらないプロポーション。

 

女優魂がそうさせるのか、元々の体質なのかはよくわかりませんが、羨ましいの一言に尽きます。

 

出産するために、女性の体は様々な変化を見せます。
骨盤の開きもその一つです。

 

出産が近くなってくると女性ホルモンの影響で、靭帯が緩み、骨盤が広がり、産道が確保されます。

 

産後から産後半年間は、骨盤は不安定な状態で、この時に歪んだ骨盤のまま半年過ぎてしまうと、歪んだ状態で骨盤が固まってしまいます。

 

それが、肩こりや腰痛などの症状を引き起こします。

 

また、骨盤が広がったままで固定されてしまうと、内臓の一部が広がった骨盤に入りぽっこりお腹の原因になったり、脂肪のつきやすいお尻になってしまったり、O脚になりやすくなったり・・・と思わぬ体型に変身させてしまうのです。

 

だから、産後の骨盤矯正が必要なのです。

 

では、産後の広がった骨盤はどうしたら元に戻せるのでしょうか?

 

産後の骨盤矯正のポイントはどこにおいたらよいのでしょうか?

 

出産は人生において、命がけの大仕事。
それだけ、体にも大きな負担がかかっています。

 

激しい運動ダイエットで元の体に戻そうとするのは大間違い。

 

目的を出産前の体重の数字や、ウエストサイズの数字に置くのは間違い。

 

あくまでも、骨盤矯正で「開いた骨盤・歪んだ骨盤を元の状態に戻す」ことに目的を置くのが大事です。