骨盤矯正のための体操

骨盤矯正のための体操

骨盤にゆがみがあると感じたら、どうやって骨盤矯正していけば良いのでしょうか?

 

整体やカイロプラクティックなどで治療をうけるという方法もありますが、筋力が低下してゆがみを起こしている場合は、治してもまたすぐに歪んでしまうということになりかねません。

 

筋力の低下によるゆがみを根本的に直すためには、骨盤を支えている筋肉を鍛えることが重要です。

 

最近は骨盤矯正がインナーマッスルという体の内部の筋肉が衰えることによって引き起こされるものだとわかってきました。

 

ヨガやピラティスといった、体のバランスを整え、美しく鍛える方法も注目されています。

 

しかし、なかなか思うように習えない方も多いと思いますので、家庭でできる気軽な骨盤体操を紹介してみようと思います。

 

まずは、足を肩幅に開いて立ち、軽く膝を曲げます。腰に手をあてて、頭を動かさないように腰だけゆっくりと回します。

 

この時、右回りと左回りを交互に、前後左右の動かす大きさを同じにするように心がけましょう。

 

どうしても後ろには行きすぎて前にはあまり動かなくなりがちです。
あまり大きく動かす必要はありませんので、バランス良く回します。

 

これは骨盤のバランスを整える事のできる骨盤矯正体操の一つです。

 

ポイントはフラダンスのように腰だけ動かし、ゆっくりとバランスよく行う事です。

 

鏡を見ながらへっぴり腰になっていないか、膝が伸びきっていないか、左右同じ動かし方になっているかを確認するとわかりやすいと思います。